不倫の当事者間の慰謝料請求って?

MENU

おすすめの探偵事務所一覧

不倫の当事者間の慰謝料請求って?

浮気をされた側が配偶者(夫や妻)・浮気相手に対して行う慰謝料請求は、浮気が判明次第可能です。

 

しかし実は、不倫した者同士による当事者間の慰謝料請求ということも、有り得ない話ではありません。
不倫の当事者間の慰謝料請求は一般的に不可能といわれていますが、稀に出来るケースがあります。
ではその当事者間の慰謝料請求にはどういったパターンがあるのか、いくつか挙げて説明していきましょう。

 

不倫の当事者間の慰謝料請求その1

浮気相手に肉体的・精神的損害を与えた場合

 

不倫の当事者のどちらかが一方的に暴力を振るったり、言葉の暴力により精神的に追い込んだりして、相手側が精神的苦痛を受けた場合は、慰謝料を請求する事ができます。

 

不倫の当事者間の慰謝料請求その2

故意的もしくは過失による不法行為により相手に損害を与えた場合

 

当事者間の慰謝料請求に多いのが、不倫相手の「虚偽の申告」によるものです。
これは、男性側によって作られる原因が多く、「妻と別れたら結婚しよう。」などと、夫婦関係が破綻しているから離婚をすると嘘をつき、結局妻と別れることがないまま、不倫関係が続いてしまうパターンです。
このようなケースは、「男性に対する慰謝料の請求」による女性の相談者が大変多いようです。

 

不倫相手の年齢差や交際の時期などを考慮すると、男性側が女性の恋愛関係の判断力を鈍らせるような虚偽の言動を頻繁に行った場合は、そのような発言で女性の貞操の判断を精神的に混乱させ、性的に自由が奪われたという評価により、当事者間による損賠賠償が認められます。

 

不倫の当事者間の慰謝料請求その3

離婚成立後に不倫相手の恋人に裏切られた場合

 

例えば、長い間不倫関係にあった職場の女性社員のBさんと再婚する決意をした男性Cさんは、配偶者の妻に慰謝料と財産分与を捻出して、その後、無事に離婚が成立しました。
ところが、不倫関係にあった女性社員Bさんに裏切られたというパターンです。
男性Cさんは、不倫相手であるBさんのために家族や大切なものを捨ててまで再婚するつもりでいたので、相手の裏切りを許すことは出来ないという場合は、裁判で提訴という形で慰謝料を請求する事が出来ます。